2016
12.28
59ff6cc7bc45c00f541ac3ea01ea6c25_s

マナー美人になるLesson 5

ライフスタイル, 愛されて輝く女性の生き方(自分編), 高田将代

みなさまこんにちは

Powerエレガントスタイル

髙田将代です

 

毎年余裕を持った年末年始にしたいと思いながら

なかなかそうはならないのですが・・・笑

 

 

今年1年の出来事を振り返り

たくさんの出会いに感謝し

来年も素敵な1年となるように思い描く

そんな時間は大事に取りたいと思っています

 

 

マナー美人になるLesson5は

訪問時の手土産のマナー

たまにはマナー記事を書かなくちゃ!ですね
 

年末年始はお友達とのホームパーティーや

帰省、義実家等を訪問したり

手土産をお渡しする機会も増えるのではと思います

 

そこでスマートな手土産の渡し方を

ぜひ心得ておきたいですね

何よりもお相手を思う気持ちを

上手に表すことができたら素敵
 

まず手土産は正式な挨拶がすんでから渡すもの!

と覚えておきましょう

玄関ではなく、お部屋に入って

きちんとしたご挨拶をしてからお渡ししましょう

 

 

但し早く冷蔵庫に入れた方が良い物などは

その旨を一言添えて玄関でお渡しします

お部屋に入らず失礼する場合も玄関でOK

持参したお土産をどうすると一番良いかを考えることが大事です

 

 

品物は風呂敷に包んだり、紙袋などで持参されるかと思いますが

これらは持ち運ぶ時の“埃よけ”でもあるので

そのままお渡しはしません

必ず風呂敷や紙袋から出してお渡ししてくださいね

 

 

手土産を取り出し、さっと風呂敷や紙袋はたたんで脇におき

手土産をいったん正面を自分のほうに向けて置き

時計まわりに90度、さらに90度回して

相手に正面を向けて差し出します

 

 

紙袋は基本的に持ち帰るのがマナー

でも「荷物になるから置いて行って」と言ってくださるなら

素直に言葉に甘えて、処分をお願いしてもよいです

こういう時も

「恐れ入りますが、袋の処分をお願いしても宜しいですか」

一言お伝えしましょう

 

 

外出先などでそのまま持って帰っていただけるよう

紙袋のままお渡ししたほうが良い場合は

紙袋の下と取っ手の付け根あたりに手を添え

相手が受取りやすいようにして

「紙袋のまま失礼いたします」と言ってお渡しします

 

 

こういう一言こそ Pointだと思うのです

きちんとしたマナーを知っているからこそ

この一言が添えられる

ちょっとした一言が、貴女の品格をぐっとあげてくれます

 

 

マナーってやっぱり臨機応変さが大事

でも臨機応変な対応は

マナーの基本を知っているからこそできます

その時その場に応じて柔軟に対応し

本来と違う形になる時に

一言添えられると本当にエレガントで素敵ですね

 

お土産をお渡しするときは

「お気に召すと嬉しいのですが」

「心ばかりですが」

「評判のお菓子と聞きましたので」など

相手のことを考え、心を込めて選んだ気持ちや

喜んでもらいたいという気持ちをお伝えできるとよいですね

手土産をお渡しするのも

コミュニケーションの1つ

出会う方、お付き合いのある方との関係が

少しでも良いものとなりますように

それでは皆様

どうぞ良いお年をお迎えくださいね

 

* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

3つのメソッドでPowerあるマナーを身につける

Powerエレガントスタイル

高田将代

* マナーコンサルタント

* 日本しぐさ協会  しぐさコンシェルジュ

* ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

 

Powerエレガントスタイルの無料メールマガジン

【エレガントさの秘訣】

たおやかで しなやかで 美しく 品のある

はっと人目を惹く『華』のある女性を目指して

マナーや立ち居振る舞い 日々の気づき

幸せでいるための秘訣などをお届けしてまいります

 

ご登録くださった方には7日間の無料メール講座も

『Powerエレガントな美人のつくりかた』もお届けいたしますので

ご興味がおありの方はぜひ登録を♥

登録はこちらから

 

[ ブログ ] 洗練と自信を手に入れ愛される女性になる~Powerエレガントスタイル~

http://ameblo.jp/masayo-blossam/

[ facebook ]お友達申請、嬉しいです。気軽に申請してください

https://www.facebook.com/masayo.takada.37

The following two tabs change content below.

高田 将代

最新記事 by 高田 将代 (全て見る)