2016
04.28
親子2

子育てコラム⑨ワンチャンスを戦う勇気

ライフスタイル, 子育て, 愛されて輝く女性の生き方(ママ編), 高田将代

子育てコラム⑨

 

みなさま、こんにちは
上質な大人を目指すマナースクール

 

Lembellir(ランベリー) 高田将代です

 

 

 

明日からはGW

 

新緑がまぶしい季節となってきましたね

 

今日は【ワンチャンスを戦う】というお話です

 

 

 

子どもが通っていた幼稚園で

 

毎冬 縄跳び大会がありました

 

 

ちょうど小学校受験直前

 

年長の12月の末にあった縄跳び大会でした

 

大会が始まる前に

 

園長先生が子供たちにお話しされたことです

 

 

 

皆さんはこれから人生の中で

 

ワンチャンスを戦うという機会を

 

たくさん経験します

 

 

例えば 普段100回以上跳べる

 

縄跳びが得意なお友達が

 

今日はたまたま10回で

 

ひっかかってしまうかもしれない

 

 

 

普段縄跳び苦手で 10回こえたことがないっていうお友達が

 

びっくりするほど調子が良くて

 

30回跳べてしまうかもしれない

 

 

 

たった一回のチャンス

 

やり直しはきかない

 

 

 

でもね どんな結果になっても

 

みんなが毎日一生懸命練習していたことは

 

ここにいる先生も、ママたちも

 

お友達も、皆が知ってる

 

今日まで頑張ったことは何一つ

 

無駄になることはない

 

 

ワンチャンスを戦う勇気をもとう

 

ワンチャンスを戦った後

 

どんな結果が出ても

 

それを受け止める勇気を持とう

 

たくさん跳べたお友達に拍手できるようになろう

 

 

 

これから皆さんは

 

何度も何度も

 

ワンチャンスを戦わないといけない

 

その度に全力を尽くそう

 

そしてどんな結果になっても

 

戦った皆は素晴らしい

 

そんなお話でした

 

 

 

大会前にそのお話があったからか

 

失敗して悔し泣きしそうになりつつも

 

一生懸命お友達を応援している子供たちの姿がありました

 

子どもはとても素直

 

だからこそ

 

そんな時にこそ

 

知っていてほしいことだと思うのです

 

 

 

その後の受験の時にも

 

ワンチャンスを戦う勇気

 

この言葉は大きな支えになりました

 

 

 

結果が駄目でも、失敗しても

 

絶対に頑張ったことは無駄にならない

 

それはわかっていても

 

受け止めるにはそれなりの強さが必要です

 

 

 

成長していくにつれ

 

子ども自身のここぞという戦いに

 

親は一緒についていって助けてあげることはできません

 

だからこそ

 

子ども自身がワンチャンスを

 

自分で戦えるように育てる

 

自分で乗り越えられるように育てる

 

それが大事です

 

 

 

そのためには親が本気で

 

結果より、頑張ったこと、挑戦すること

 

そのものが大事だと思うこと

 

本気でそう思っていないと

 

日々 子どもにかける言葉に表れます

 

結果だけを見て

 

過程を見られないと

 

そういう声のかけ方しかできません

 

 

 

日々のささいなことから

 

こころがけてみましょう

 

小さな子は負けるのも失敗するのも嫌い

 

失敗しそうなことには手を出さない子もいます

 

そんな子ほど

 

失敗しても大丈夫!失敗は成功のもと! 失敗は宝物!

 

挑戦できるってすごい! なんだっていいのです

 

それぞれご自分の言葉で、ご自分のやり方で

 

日々伝えてあげてください

 

 

親の価値観はそのまま伝わります

 

失敗って最高の学び

 

本気で親がそう思っていると

 

ワンチャンスをしっかりと戦える子に

 

育ちます

 

 

どうぞ 笑顔いっぱいの子育てを

The following two tabs change content below.

高田 将代

最新記事 by 高田 将代 (全て見る)