2015
11.14
IMG_1156

女性の魅力学④普段の生活こそ大事にする

ライフスタイル, 愛されて輝く女性の生き方(自分編), 高田将代

みなさま こんにちは。

上質な大人を目指す マナースクールL’embellir(ランベリー)

高田将代です。

いつも お読みいただきありがとうございます。

 

“ 自分を大切にする 

毎回 このテーマを軸に書いていますが

自分を大切にするというのは

普段の生活を大事にするということでもあります。

 

普段使いのものを買う時、どんなふうに選んでいますか?

普段着るものだから、普段使うものだから

毎日のことだから、安いものならなんでもいい

という選び方をしてはいませんか?

 

目的のための節約はもちろん大事!

でも 日々の生活において こういう選び方ばかりでは

貴女を輝かせません。

知らず知らずのうちに貴女の気持ちが沈みます。くすみます。

毎日の生活の中にこそ

ある程度のこだわりを持つことって とってもとっても大切なのです。

だって 日々の暮らしの積み重ねが

貴女をつくっていくのですから。

 

例えばパジャマや部屋着

自分の大切な友人が泊りにきたときに

これ着てねって 貸してあげられるものを着ていますか?

誰にもみせるわけじゃないから・・・

私ひとりだから まあいいか・・・

これはね  自分をぜんぜん大事にしていないということ。

だって 自分の大事な人には貸せないものを

自分には毎日着せているということなのですから。

自分にとって 自分は大事な人ではないと言っているようなもの。

 

私が出産したとき 叔母が出産祝いに

綺麗なピンクのシルクのパジャマをくれました。

出産祝いって赤ちゃんのものばかりでしたが

叔母は 「一番頑張ったのも、これから大変なのも貴女だから

貴女へのプレゼントにしたのよ」って。

その心遣いがとても嬉しかった。

でも・・・母乳だったし (絶対母乳でよごしちゃいそう)

子供が小さい頃はなんとなくそんな気分にもなれなくて

(そんな気分的な余裕ないし)

ようやく着てみようと思ったのは二人目も

そこそこ大きくなってからでした。

でもその心地よさ、肌触りは

私をちょっぴり贅沢で 幸せな気持ちにしてくれました。

睡眠は、一日のうちでも長い時間を占めるとても大切なものです。

その時間を シルクのパジャマ一枚の肌触りが

より心地よいものに変えてくれました。

 

人には見えないものに

ぜひ こだわりや愛情を持って選んでみてください。

それは自分を大切にし

心を満たすことにつながっていきます。

何もかも全部をする必要はなくて

自分のために これって思うものからでいいのです。

 

お気に入りのもの トキメキを感じるもの を取り入れて

自分を幸せな気持ちにさせる

それが 輝く女性 愛される女性をつくります。

貴女も 普段の生活にこそ ちょっと贅沢で

貴女に幸せを感じさせてくれるものを取り入れてくださいね。

The following two tabs change content below.

高田 将代

最新記事 by 高田 将代 (全て見る)