2015
10.09
icatch_kumadaprof

メールの時短術−2*予定を決める時には

メールの時短術, ライフスタイル, 熊田美佐

こんにちは。 おしゃれなふくさ専門店choco*t、熊田美佐です。

すっかり朝晩涼しくなってきたり、毎週のようにどこかの幼稚園や小学校で運動会があったり…となんだか秋めいてきましたね。 行事の多いシーズンでもありますし、行楽の秋ということでおでかけの予定もたくさんでしょうか。

仕事だけでなく、プライベートでも予定が色々忙しい時期かもしれませんね。 今月も忙しい時にほどスムーズにすませたい、メールのやり取りの時短術をお伝えします!

「◯◯さんと遊びに行こう」
「打ち合わせの予定を決めなくちゃ…」
そんなとき、今はメールやラインなどでのやり取りが主流でしょうか。

A「◯日はあいてるけどどう?」
B「その日は無理だなー」
A「じゃあその次の日は?」
B「あ、その日もちょっと…」

…こんなやり取りしてませんか?(笑)
一つの予定を決めるだけならまだしも、みなさん同時進行であっちもこっちもとやり取りなんてことだってありますよね。
できることなら、回数は少なくさくっと決まる方がいいはず。

そんなときのポイントは…「自分の都合を先に相手に伝えること」です。

具体的には「私のあいている日は、◯日と△日と◎日の10時から12時です。ご都合はいかがですか?」というように、先に自分の希望日(候補日)をお伝えすること。 それなら相手の方は、挙げられている日の中から選べばいいだけなので楽チン。 やり取りの回数もぐぐっと減りますよね。

もしかしたら「先に自分の予定をいうなんて厚かましいんじゃないかな」と思われる方もいるかもしれません。
なんどもやり取りさせる方が、相手の方に手間も時間もかけさせてしまうので迷惑だとは思いますが、自分からは言いづらい場合は「ご都合のいい日をいくつかお教え頂けますか?」と相手の方に候補日を挙げ ていただくといいですね。

自分がめんどくさいと思うことは、きっと相手の方もめんどくさいと思うこと。 相手の方に無駄な手間や時間をかけさせないように、ちょっとした工夫をすることが大切ですね。

今月は、自分も相手の方も助かる♪予定を決めるときに役立つ、メールの時短術をお届けしました。
次回の時短術もどうぞお楽しみに。