2015
10.20
nakamura_icatch

「かたづけなさい!」という前に

"できる"が広がる家族にやさしい片づけ, ライフスタイル, 中村佳子, 子育て

こんにちは。
家族にやさしい収納をお伝えするDrawer Styleの中村佳子です。
すっかりと秋になり、朝晩はぐっと冷え込みますが日中はとても過ごしやすい季節になりましたね。

お子様のいるご家庭の方は、運動会などの行事が続き忙しい毎日かもしれません。
そうなると家中も散らかり気味…家が何となく散らかっていると家族も「私くらい(僕くらい)いいかな」と思い、散らかりが連鎖していきます。

12166342_881513985295022_1693425366_n

そんな時、ついつい「片づけなさい!!」と子どもに声を荒げてしまうこともあると思います。
でも、その言葉本当にお子様に届いていますか?

というのも、「片づけなさい!」と怒られた子どもたちのほとんどは「“片づける”とは何をどうすることなのか」を知らないのです。
子供向けセミナーに参加してくれた子供たちに聞いてみても「ママがすごく怒るから何となく棚の空いてるところに置いている」という子どもがたくさんいました。
「ママが怒るからなんとなく片づけてる風」→ママの怒りが鎮まる→「ほっ!」という流れです。

片づけ方を知らない子どもに「片づけなさい!」と怒るのは、やっと椅子に座れるようになった赤ちゃんにお箸を渡して「食べてね」と言うのと同じです。
赤ちゃんが離乳食を食べ始めた時、親はスプーンで「あーん!」と口に運んであげたり、食べやすいようにフォークを用意してあげて持ち方を教えてあげたりしますよね。

片づけも同じです。
「このぬいぐるみはあの箱に戻してね」「この本は本棚に立てるんだよ」
言葉で具体的な動作を伝えてあげたり、一緒に片づけをすることで「これが“片づける”ってことだよ」と伝えてあげるステップが必要です。

あなたのお子様は“片づける”を知っていますか。

The following two tabs change content below.