2015
09.15
002

秋のお野菜かぼちゃを使って、フライパンで焼けるかぼちゃくるくるパン。

パン, ママと子供の笑顔がいっぱい 幸せあふれる手づくりパン作り, レシピ, 尾下友佳子

おうちのある材料で作れるパン作りを提案させていただいてます。
大阪府堺市でおうちパン教室エミ・サロン・キッチンを主宰しております、尾下友佳子です。
毎月15日に、コラムを担当させていただいております。
秋といえば食欲の秋でもあるし、お野菜もおいしい季節。
パンを作りたいけど、手軽に作れるパンがないかな??

かぼちゃを使った可愛く形も作れるので、是非お子様と一緒に作ってくださいね♪
フライパンを使ったお野菜パンをご紹介いたします。

かぼちゃくるくるパン

002

【材料(8個分)】

  • かぼちゃ   60g
  • 強力粉    200g
  • イースト   4g
  • きび砂糖   16g
  • 塩      3g
  • 有塩バター  16g
  • 水      94g
  • スキムミルク 10g

【作り方】

⚫️ぼちゃの下準備

パンの材料を計る前に、かぼちゃの下準備をしていきましょう!!

  1. かぼちゃは皮、ワタを取ります。(ワタを取った状態を80gに)して、ひとくち大に切っておく。
  2. 耐熱皿にかぼちゃをのせて、電子レンジ600wで5分加熱して、熱いうちにフォークで潰して置き、60gにしておきましょう。

⚫️ボウルの中で粉類を混ぜ合わせよう

  1. ボウルの中にきび砂糖・バター、下準備をしたかぼちゃ、水以外の材料をボウルの中にいれる。
  2. ボウルの中に、強力粉・イースト・塩(このときイースト塩は重ならない様にいれましょう)を対角線状になる様にいれておきます。
  3. イーストにお粉をかぶせる様にかけて軽く混ぜあわせてから、全体に混ぜ合わせる。
  4. 真ん中にくぼみをあけて、きび砂糖をいれて、水を半量を砂糖にめがけてかけて、砂糖を溶かす。下準備をしたかぼちゃ、残りの水をいれて全体ひとまとまりになる様に混ぜ合わせる。そこに、バターをいれて混ぜわせる。

⚫️ボウルの中で捏ねましょう

  1. 生地を平らにして、手前から半分折り、真ん中部分体重をかけながら、手で押さえる作業を7分間行う。→生地を取り出し台の上でパン生地を上からたたき、2つ折りの作業を10回繰り返す。
  2. きれいに生地をまるめなおす。
  3. ボウルに少しだけ油を塗り、捏ねあがった生地をのせて、サランラップをしっかりかけておきましょう。

⚫️発酵していきましょう

  1. フライパンにぬるま湯35度前後をいれて、捏ねあがったボウルをのせて、厚めのふきんをかけておきましょう。(25分〜30分)

⚫️発酵が終わったら分割して丸めて、生地を休ませましょう

  1. スケッパーで生地を3等分に分割をして、きれいに丸めていきましょう。
  2. 1の生地を乾燥しない様に、密封容器にふきんを置き、生地をいれて休ませる。(15分)

⚫️形を作って、フライパンで焼いていきましょう

  1. きれいな面を下にして、手で押さえてガス抜きをします。
  2. めん棒でだえん形に伸ばして、向きを変えて上からくるくると巻きとじめを閉じて、5分置いておく。
  3. さらに両手で20センチ程伸ばす。
  4. 左右に交互に巻き、ハートの形にしていく。
  5. フライパンに生地を置き、表裏15~20分ずつ焼く(ガスの場合はごく弱火・IHは中弱火で調整してください

来月はオーブンで焼ける、かぼちゃミニ食パンをご紹介いたします。