2016
03.15
image1 (51)

ピクニックにも喜ばれる「フライパンで焼けるピタパン」

パン, ママと子供の笑顔がいっぱい 幸せあふれる手づくりパン作り, レシピ, 尾下友佳子

おうちにある材料で作れるパン作りを提案させていただいてます。
大阪府堺市でおうちパン教室エミ・サロン・キッチンを主宰しております、尾下友佳子です。
毎月15日に、コラムを担当させていただいております。

3月は卒園式や卒業式。
そして、4月になると出会いがある季節を迎えます。
お友達や、ご家族と一緒にお花見をする方も多いかと思います。

行楽弁当の1つとして、フライパンやホットプレートで作れる、全粒粉を合わせたピタパンはいかがですか?

ビタミンB1は、ごはんやパン、砂糖などの糖質を分解する酵素を助けて、エネルギーにかえてくれます。ピタパンの中に入っている全粒粉は、小麦胚芽をそのまま含んでいるので、ビタミンB1もとっても豊富なんですよ。

全粒粉を加えた体に優しいパンをご紹介いたします。

ピクニックにも喜ばれる「フライパンで焼けるピタパン」

image1 (51)
【ピタパン 4個分】

強力粉          135g

全粒粉          15g

ドライイースト      3g

きび砂糖         7g

塩            2g

ショートニング      4g

水            93g


〇作業手順

①ボウルの中に強力粉、全粒粉、手前にイースト、イーストの反対側に塩をいれる
②イーストに粉を少しかけて、端の方で軽く混ぜ合わせて全体に混ぜ合わせる
③真ん中にくぼみをあけて、きび砂糖をいれて水の半量を砂糖にめがけてかけて、砂糖をとかす。最後に残りの水をいれて全体に混ぜ合わせる。

④台の上に出しショートニングを少量手につけてスライドさせる要領で2分捏ねる。その後残りのショートニングをいれて5分捏ねる。

⑤捏ねあがった生地を発酵させる
※フライパンにぬるま湯をいれて(34~35℃)捏ねあがった生地をボウルにいれて、サランラップをかけたものをフライパンの中にいれて、25分間発酵させる(お湯が冷めたら、追加する)

⑥生地を4等分にカットして、丸める。乾燥しない密封容器に布巾をのせて、いれておく(15分間)

⑦ベンチタイム後、生地を軽く手で押さえて、めん棒でだえん形に伸ばして、90℃向きをかえて丸く伸ばす

⑧フライパンに生地をのせて中火で2分・弱火で15分(表)・ひっくり返して中火で1分・弱火で15分焼く

⑨粗熱がとれたら、半分に包丁などでカットして、レタス・焼き豚・マヨネーズを絞り、挟む

4月はお野菜パンレシピをご案内いたします。