2016
04.27
image

SMILE KITCHEN⑤

レシピ, 中橋寿美枝, 健康, 家事, 美容

おいしい毎日をつくる管理栄養士、食×ココロカウンセラーの中橋寿美枝です。

食で育む♡ココロコミュニケーション“SMILE KITCHEN”では、ママとお子さまの笑顔と健康を応援します。

 

キラキラと新緑がまぶしい季節になりました。

 

さて、今月ご紹介するのは、こちらの絵本です。

「ハンバーグ ハンバーグ」(武田美穂著 ほるぷ出版)。

ハンバーグハンバーグ

 

絵本から飛び出してきそうな、大きな大きなハンバーグ!!

 

トントントン…と玉ねぎを切ったり、わしわし…とお肉をこねたり。

ハンバーグ2

ハンバーグができるまでの工程が、丁寧に描かれています。

思わず、手を伸ばしてパクリとハンバーグが食べたくなってしまう、とってもリアルで楽しい絵本です。

 

≪おすすめレシピ≫

大人も子どもも、みんな大好きなハンバーグですが、材料をそろえるのがちょっと面倒…

そんなときに便利なレシピをご紹介します。

用意するのは、ひき肉と、玉ねぎ、塩麹、コショウのみ!といたってシンプル。

それでも、魔法の調味料「塩麹」のおかげで、味は抜群においしいのです♡

 

○塩麹ハンバーグ○

材料(4人分)

合挽きミンチ肉・・・・・・・・250g

玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・1/2個

塩麹・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2

あらびき黒コショウ・・・小さじ1/2

 

  1. 玉ねぎをみじん切りして、塩ひとつまみ(分量外)をする。レンジで約2分加熱した後、水気をしぼってから、バットに移してよく冷ましておく(みじん切りして冷凍しておいたものを使用してもO.K.)。
  2. ミンチに1と塩麹、黒コショウを加えて、粘り気が出るまでよくこねる。
  3. 8等分(お弁当用ミニサイズ)に成型をして、中央をへこませて、冷蔵庫で1時間~一晩置く。
  4. フライパンを熱し、強火で両面を焼きつける。弱火にして5分蒸し焼きにし、再度ひっくり返して1分ほど焼く。

※うまみたっぷりなので、ソースがなくても十分おいしいハンバーグです。

 

≪塩麹の効果≫

shiokouji

塩麹には、麹菌がつくりだした 酵素 の働きで、 デンプン や タンパク質 を分解して 食材を柔らかくしたり、糖 や アミノ酸、 グルタミン酸 など、 甘味 や うま味 を作り出す効果があり、食材に含まれる成分との相乗効果で、食材のおいしさをさらに引き立たせてくれます。

そのため、お肉やお魚を漬けておくと、やわらかくおいしく仕上げることができます♪

今回のハンバーグでは、つなぎの役割も果たしてくれていますよ。

さらに、栄養豊富で発酵食品である塩麹には、 ビタミン (B1、B2、B6、パントテン酸、ビオチン)なども豊富に含まれており、整腸作用や免疫力の向上、美容効果、疲労回復効果、アンチエイジング効果など様々な作用が期待できる優れものなのです♡

 

ハンバーグのほかにも、サラダのドレッシングに、パスタや和え物に、普段のお塩の代わりに活用してみてくださいね!

ただし、塩麹なだけに、塩分が多く含まれていますので、摂りすぎ(高血圧やむくみのもとになります)には注意が必要です。

 

もうすぐゴールデンウィーク。

お弁当を持ってピクニックなどお出かけされる方も多いのではないでしょうか?

お子さまと一緒に、ぜひ楽しく作ってみてくださいね!

たくさん作って冷凍しておけば、毎日のお弁当にも活用いただけますよ☆

image

 

 

The following two tabs change content below.

中橋 寿美枝

最新記事 by 中橋 寿美枝 (全て見る)