2016
03.25
いちご

SMILE KITCHEN④

レシピ, 中橋寿美枝, 健康

おいしい毎日をつくる管理栄養士、食×ココロカウンセラーの中橋寿美枝です。
食で育む♡ココロコミュニケーション“SMILE KITCHEN”では、ママとお子さまの笑顔と健康を応援します。

 

ワクワクがいっぱいの春♪

だんだんと暖かい日が増えてきましたね!

 

今回ご紹介するのは、絵本ではありませんが、ページをめくるたびに新たな発見があって、おもわずじっくり眺めてしまいます。
「からだにおいしい フルーツの便利帳」(高橋書店)。
フルーツの便利帳

とってもおいしそうな写真があちこちにちりばめられていますよ。まるでキラキラした宝石のよう!

そして、本日の主役は…大人も子どもも、みんな大好き!「いちご」です♡

こちらの本には、なんと6ページにもわたっていちごが紹介されています。
こんなに種類があるなんて驚きですね!!

itigo

≪いちごの栄養価≫
いちごは果物の中でも、ビタミンCが豊富!(レモン果汁よりも多く含まれています。)
中くらいのサイズであれば、約10粒で1日に必要なビタミンCが摂取できます。

ビタミンCはコラーゲンの合成に関わり、抗酸化力が高いので、お肌のハリ・ツヤを保ち、老化防止に役立ちます。また、免疫力を高め、風邪などの予防にも効果的です。

季節の変わり目でなんとなく調子がすぐれない・・・
そんなとき、身体と、お肌の調子も整えてくれる、女性にとってのつよーい味方なんです♡

ビタミンCは水溶性なので、一度にたくさん摂るのではなく、数回に分けて摂取するほうが効果的な栄養素です。
サラダやデザートとして、ビタミンEが豊富に含まれているアーモンドやピーナッツと一緒に摂取ると、抗酸化作用の相乗効果が期待できますよ。

≪イチゴの洗い方≫
ヘタをつけた状態で洗いましょう。
ヘタを取ってから洗うと、せっかくの栄養が流されてしまいます。
洗うのは食べる直前がオススメです。

≪おすすめレシピ≫

実は、このイチゴ、2月頃の最も寒いときにできるものが一番甘くて美味しいのですが、値段が最も手頃になるのがこれからのシーズン。
ただ、寒いときは熟すまでに時間がかかりますが、暖かくなると早く赤くなるために、糖度は控えめなのですね。

もちろん、そのままでもおいしいのですが、酸味がちょっと気になる・・・

そんなときにはぜひ、デザート作りに活用してみましょう!
少量の砂糖(きび砂糖がおススメ)をまぶして、キルシュ(さくらんぼのお酒です。製菓コーナーで小瓶で販売されています。)などの洋酒をふりかけておくと、ヨーグルトやアイスクリームなどのトッピングにピッタリです。

それでは、いちごを使った簡単スイーツレシピをご紹介します。

春色♪いちごシェイク
シェイク

材料( 2人分)
いちご・・・・・・・・・8-10個くらい
牛乳・・・・・・・・・ 200cc
バニラアイス・・・・・適量

材料すべてをミキサーかけるだけ!

さらにヘルシーにしたいときは、豆乳を使ったり、バニラアイスの代わりにヨーグルト凍らせたものを使用しても◎。
ヨーグルトを使う場合は、お砂糖やはちみつで甘さを調整してください。

クリームチーズのいちご大福
いちご大福
材料(4人分)
いちご・・・・・・・・・・・・・・8個
白玉粉・・・・・・・・・・・・・・60g
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・30g
水・・・・・・・・・・・・・・・・100cc
クリームチーズ(Kiri)・・・・・・・36g
はちみつ・・・・・・・・・・・・小さじ1
片栗粉・・・・・・・・・・・・・・適量

① クリームチーズを室温に戻し、はちみつ(または砂糖)を加えて軽く練り混ぜる。いちごは洗って表面の水気をよく拭き取っておく。
② 白玉粉、砂糖、水を耐熱容器に入れてよく混ぜ、10分ほど置いてから、電子レンジ(500w)で1分加熱する。
③ まんべんなく混ぜ合わせて、再度電子レンジで1分加熱してさらに混ぜる。熱が通って伸びる状態になればO.K!
(※熱くなっているのでやけどに注意して行ってください)
④ まな板に片栗粉を広げて③を取り出し、片栗粉をまぶす。荒熱が取れたら8等分に切り分ける。
⑤ ④を丸く広げて①を載せ、その上にいちごを載せて包み込むようにするか、いちごの上からかぶせておしりのところで閉じるように成形して仕上げる。

いちごの代わりに、りんごやオレンジ、ぶどう、バナナ、メロン、キウイなど、いろいろなフルーツでアレンジができます。
アイスクリームやチョコレートソースを添えれば、おもてなしのデザートにもぴったり♡

手軽な材料で、火も使わずにできるので、お子様と一緒にぜひお試しくださいね!

The following two tabs change content below.

中橋 寿美枝

最新記事 by 中橋 寿美枝 (全て見る)